LIFE IS BEAUTIFUL!!

愛でたい日々を

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
『サラエボの花』
ヤスミラ・ジュバニッチ
アルバトロス
¥ 4,687
(2008-06-06)
異文化。
生きた魚を売っている魚屋さん、
目の前で殺された魚を持って帰って料理する。
ごはんの途中で爪を切る。

子どもが拳銃を持ちタバコを吸いワインを飲む。
ギャングになる夢を抱く。
熱くて激しいキスをする。

ナイトクラブの不思議な音楽。
際どい衣装で激しく踊る女たちと
【危険な】男たち。

ボスニア紛争の後の街の暮らしを描いているのだ。
町中いたることろにある傷痕、あらゆるひとが抱く痛みは、
わたしたちに容易に想像できるものではない。

集団セラピーを受けることによって
いくばくかの補償を受け取る母親エスマ。

大き過ぎるこころの傷に向き合えなかった彼女は
大きく育った娘に、向き合わざるを得なくなる。

12歳の子どもを持つわたしは、
サラが12歳という設定だと、あとから知って驚いた。

JUGEMテーマ:映画




性暴力によるトラウマを描いたものを
偶然に続けて観たのだけど、

神様から授かった原始的なよろこびが、
苦しみとして刻印され、
心と身体の蓋となり、
捨てることも忘れることもできない。

エスマのように徹底的に異性を拒むのと
ベティのように徹底的に自らを貶めるのは
表と裏。


<<

以下、内容に触れています

>>






父親はシャヒード(殉教者)であると教えられ、
誇りに思っていたのに、

ほんとうは、母を苦しめた敵兵のひとりだった。

出生の秘密を知ったサラ。

おとうさんに似ていると言われて喜んでいた髪の毛を、
ぜんぶ刈り上げてしまう。

スキンヘッドにバンダナを巻いて、修学旅行に行く。
そのままのサラを、友達も先生も受け入れる。

何があってもすてたりしない、エスマは言った。
生まれたての我が子の様子を忘れていないおかあさんだ。

エスマが、目の前の子どもをありのままに
愛する気持ちが繋がっているから。

おかあさんを非難されて怒るサラは、
おかあさんから愛されていることを
知っているから。

このふたりは、きっとだいじょうぶだと思う。
そんな希望を感じたよ。


【追記】

レンタルしたDVDに『サラエボの花』の予告編も収録されててさ、
若干32歳の女性監督が撮影した云々、のテロップが入ってた。

若干32歳って何歳だよ!
「弱冠」にしても間違ってるよ!
誰も気づかなかったんかーい?!

【参考】
「サラエボの花」「監督」「インタビュー」で検索して、
どのインタビューを読んでも胸に迫るものを感じる。

http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/071130/tnr0711301559011-n1.htm

 「この残虐行為について、徹底的に調べました。でも、そのときは映画を撮ろうと思わなかった。考えが変わったのは、私自身が出産を経験したときです。出産は愛に満ちていて、母性のすばらしさを実感しました。そのうち、憎悪のなかで子供を産んでしまった女性の感情がいかにすさまじいものか、と思い至り、それを映画に撮りたいと思ったのです」


http://plaza.rakuten.co.jp/sioadachi/diary/200710130000/

――レイプという女性にとって非常に重いテーマを取り上げた理由は何か。
 「戦後長く、彼女たちは被害者として認められなかった。障害を負った兵士や遺族に対しては早くから法的な支援がされたのに、レイプされた女性は放っておかれたのです。社会的なタブーということ以上に、政治家が痛みを理解しなかった。利用価値もなかった」

@@@@@

「ようやく支援のための法律が動き始めました」
って、すごいね。

映画でこんなこともできるんだ。
| YUKI69 | 映画や | 11:36 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 11:36 | - | - |
これを紹介してくれてうれしいです
岩波ホールまで観に行きたかったのに
いけなかったのよ。。。
女の子の12歳と男の子の12歳は違うかもしれないね。
日本の12歳とボスニア紛争の後の12歳も違うわね。
日本の子どもの精神年齢は実年齢の
ナナガケって聞いたことあるけど
本当にそうかもしれないね。
私もぜひ視聴したいです。
サンキュ!
※つきちゃん発表会がんばってね。素敵なお洋服よかったね。
| クローバー | 2008/07/09 7:29 AM |

クローバーさん、コメントありがとう。

エスマの、生活感に溢れた後ろ姿がよかったです。
ご覧になったら、感想を教えてくださいね。

発表会は、今から、親子でドキドキ〜です。

「あのね、ママがいないときにね。
サンダルはいてちょっと歩いてみたんだよ。
ときどき、足首がクネッてなりそうだったけど、
だいじょーぶだったよ!」
と、ミュール体験を語ってくれました。
| YUKI69 | 2008/07/09 8:51 AM |










http://tentukipon.jugem.jp/trackback/2116
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
+RECOMMEND
+RECOMMEND
ブレイブ
ブレイブ (JUGEMレビュー »)
ジョニー・デップ
+RECOMMEND
+RECOMMEND
妹の恋人
妹の恋人 (JUGEMレビュー »)
ジョニー・デップ
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
ラチとらいおん
ラチとらいおん (JUGEMレビュー »)
マレーク・ベロニカ とくなが やすもと
+RECOMMEND
「いのちのつながり」を
「いのちのつながり」を、子どもたちに残すために。「六ヶ所再処理工場」の本格稼動中止を求めます。パルシステム
ONE MAN TRY
テープカッターONE MAN TRY
ONE MAN FLOAT
PROPAGANDA(プロパガンダ) ONE MAN FLOAT バスプラグ クールグレー
ONE MAN SHY
スタンドライトONE MAN SHY
ONE MAN KEY
Propaganda (プロパガンダ) mr.p - ONE MAN KEY (キーホルダー) ホワイト
モバイル
qrcode
OTHERS
このページの先頭へ