LIFE IS BEAUTIFUL!!

愛でたい日々を

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
『悪魔のりんご』
朝自習の時間の読み聞かせ。今日は5年生担当。
いつも開始する時間になっても集まり悪し。
いい天気だったもんね。

汗だくの男子が外あそびからばらばら戻ってきた。
5年生といえども、でっかい子どもは、うちの夫より体がでかい。

教室の空気が落ち着くのを待って、まずは『悪魔のりんご』。
おとなっぽいお話だ。

わかる子にはわかっただろうけれど、
わかんない子にはちんぷんかんぷんだったかも。



(小学生だった頃に愛読してた『詩とメルヘン』って雑誌に
こういう絵があったなあ。

ちいさな町に一軒だけあった本屋でお取り寄せの定期購読をさせてもらってた。
やがては『宝島』の定期購読に切り替えたのだが、その話はまた今度。)


すこし時間があったので『雨のち晴』に取りかかる。
いやはや。開始時間がずれ込んでいたので、ちょっと長かった。



やっと読み終わったときには、担任の先生がいつのまにか教室にいらしてて驚いたが、先生と子どもたちから、あたたかい拍手をいただく。

「今日で、みんなが5年生の読み聞かせはおしまいです。
次は6年生だね。
みんなが6年生になってもがんばるのでよろしくね。」と、挨拶して退出。

昇降口で記録簿を書いている仲間と合流。

今日初めて読み聞かせデビューなさった方は、胃薬が必要なほど緊張なさったとのことだったが、正直、楽しかった!とのことで、うれしく思う。

そのほかのメンバーさんから、「(わやくちゃだった)1年生が、今日は、なんと50ページのお話をいっぺんに全部聞くことができた!」とのお話を聞いて、また、うれしい。

この活動もまた、ひとつのきっかけとして、子どもは成長するし、大人も成長する。

わたしの子どもたちも、いろんなほかのおかあさんから、わたしでは選び得ないようなお話を聞かせてもらえてる。

華やかな春の花の束を受け取ったような気持ちで、よかったねー、とにこにこ笑いあって解散。
| YUKI69 | おはなしおかあさん4 | 19:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
『ラクダのなみだ』
朝自習の時間の読み聞かせ。今日は月のクラス。
声もだいぶん回復していたのだが、なかよしのおかあさんから、のど飴をプレゼントいていただいた。前日に会ったときから心配してくださったそうだ。ありがたい。

さて、ちょっと早く教室に向かう。
教室の後方に椅子を並べて、すっかり準備万端で待っている子どもたちに、チャイムが鳴るまでの導入で、まずは『まてまてー!』。



それから、『いっぱいおっぱい』を読む。



やがて子どもたちが揃ったところで、

「みんなはさ、ちょうど、『スーホの白い馬』の勉強をしているところだからね、やはり、モンゴルの遊牧民のあいだに伝わるお話の絵本を持ってきました。

ちょっと長いし、むずかしいかもしれない。だけど、もう、2年生も終わりだし、みんなは聞く力があるからね、だいじょうぶかな、と思って持ってきました。」
と、前置きして、『ラクダのなみだ』をゆっくり読む。



最初はざわざわしていたんだけど、母ラクダが死んでしまうところから、ぐっと、お話に入ってきた。

「同じ題材をもとにした、『ラクダの涙』っていう映画もあります。ラクダがね、馬頭琴の音楽を聴いて、実際に涙を流すところを見ることができます。レンタル屋さんにあるからね。機会があったら探してみてください。」

「すごいね、みんな聞くことができたねえ。じゃあ、今度は、わたしの大好きな絵本を読みます。うたがあるからね、ちょっと恥ずかしいけどがんばりまあす。」

と、いうことで『ねこのセーター』をゆっくりとおどけた調子で読む。緊張がほどけたのか、だらしのないねこが気に入ったのか、ページをめくるだけで、子どもたち、げえらげえら。



「もう一冊!!」と口々に言われてちょっと時間があったので、『たのしいゾウの大パーティー』を早口で読む。でも、これは、別の機会にゆっくり読みたかったなあ。



終わったところで、幾人かの子どもたちから、はあああっ、とため息が出た。

「集中して聞いてくれてたんだね。
わたしが、このクラスにくるのは、今日で最後です。
3年生になるときにはクラス替えがあるもんね。

このクラスで読むことができて、いつもとてもたのしかったです。
ありがとう。」
と挨拶して終了。

我が家のちびっこだった月も、もう、3年生になるんだねえ。
| YUKI69 | おはなしおかあさん4 | 15:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
『いっぱいおっぱい』
朝自習の時間の読み聞かせ。今週はシフトがお休みだったので、1年生のクラスで見学兼ねてお手伝い。今年の1年生は元気な子が多いのか、入学から1年経ってもなかなかまとまって聞くことができないのだ。

教室に入ると、教壇の前に男の子たちがずらりと椅子を並べて座っていた。
まずは導入で「はじまるよ♪」の手遊びをする。


はじまるよ♪はじまるよ♪
はじまるよったらはじまるよ

はじまるよ♪はじまるよ♪
はじまるよったらはじまるよ

1と1で忍者だよ
2と2でカニさんだ
3と3でネコのひげ(にゃん)
4と4でタコの足
5と5でハイ拍手


いろんな早さで繰り返してやってるうちに踊り出す子どもたちも出てきて盛り上がる。そのうちに教室に子どもたちが揃い、チャイムがなってはじまり、はじまり。

まずは他学年のおかあさんが『ふるやのもり』の紙芝居をなさるのを見学。やわらかな雰囲気のきれいなおかあさんで、場面を変えるところがとても上手だった。ほかの方が読み聞かせするのを聞くのは、とても勉強になるのだ。



お話の中にすぐに引き込まれていく子どもがいる横で、残念ながら小突き合いする子どもたちがいて、出だしが聞けない子どもが何人かいた様子。

あなおそろしい「ふるやのもり」の正体がわからぬままに話がすすんでしまっても、動物たちがたくさん出てくる場面から、皆が引きつけられていた。

次に読んでらしたのは、、、なんだったけ。題名ど忘れ。やわらかい絵柄の絵本で、子犬が人形を拾ってくるお話。

自分の子どもがとても大好きだったお話だそうで、すっごく読み込まれたかんじに、もう、ぼろぼろになってる本だった。今度は子どもたちもみんな、いいかんじで落ち着いて聞いてた。

すこし時間が余ったので、わたしも、かばんのなかに隠し持っていた本を取り出す。

「はあい、じゃあ、今日は、みんながよく聞いてくれたので、おまけで、これを読みますよ。」



「『いっぱいおっぱい』でーす!

おっぱい好き?」

と目の前にいた男子に聞くと、条件反射のようにコクンとうなづいてくれた。

「そう、みんな好きだよね。」
と、言って1ページ目をひろげると、子どもたちが読んでくれた。
文字数も少ないのだ。

「よし、いっしょに読もう。」
バナナやイチゴをみんなで探しながら、読み進める。

一番最後のページでは
「いっぱいおっぱい!」と叫ぶのだよ。

ぎゃーと、叫んで大喜びの男子群。
女の子たちもにっこにこだった。

ちいさくておさなくてストレートな1年生たちなのだ。
あああ、とってもおもしろかった。
| YUKI69 | おはなしおかあさん4 | 14:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
『たのしいゾウの大パーティー』
つい昨晩、「天が泣かなくなったねー。」という話をしたばかりだった。

天ったら、朝起きるだけで泣いてた。幼稚園に行くときにも泣き、押されても突かれても吹っ飛んで泣き、ほんのちょっとしたことを言われても泣き、友達と遊んでいても泣いて帰ってきて、さらに、月と喧嘩しても泣き、何はともあれ、ひいひいと泣き、あにゃあにゃと暴れ泣いてたのに。

「天ったら、一日三回は毎日泣いてたのに。近頃は、全然泣かないよねー。」と話をしたばかりだった。

今日は、算数の時間にも面積の問題で大活躍して、図工は3時間連続で版画を彫り、放課後の習い事の英語もたのしかったー!と、言ってたのに、ことの始まりは<挑戦>という漢字だった。

月が読もうとして読めないのを、天が説明して、教えようとしたのだった。

「ほら、まずは、いくさだよ。
いくさって、ほかのいいかたもあるでしょ。

よく、アメリカがやってるやつだよ。

ねえ、せんそうだよ。
せんそうのせんのじがこれなの。

それでね、ここは、ほら、くだもの。

くだもののなかで、月が好きなものがあるでしょ。」

と導き教えようとしていた天の質問のすべてに、月が「わかんない」と答えたのだった。

天には、読めない漢字がほとんどない。よほど難しいのは別だけど、それなりに難しいくらいの漢字だったら、文脈から読んでしまう。

ところが、月は読めないったら読めないし、わからないったらわからないのだ。

「もう!いいよ!
オマエはなんでもかんでもわかんないですませようとする!」

「だってわかんないんだもん!!」と、涙ぐむ月。

「そのうえ、泣いてごまかそうとするんだよ!
もういい!もういいよ!!!」と、涙を流す天。

「いいよ!意地悪!意地悪!!意地悪!!!」と怒る月。
「マジ腹立つ!ぶん殴ってやろうか!?」と泣き怒る天。

「誰もしあわせにならない喧嘩はやめてくれい。」
と介入するわたし。

それできょうだい喧嘩はとりあえず終わったのだが、まったく、その後なにをするにも天が浮き沈みしたのだった。ううむ。そう、数ヶ月前はまさにこんな日々が毎日だったと思い出す。




そうだ、こんな夜には絵本を読もう。
お風呂でよく温まったら、お布団に並んで入ろう。

まずは、『たのしいゾウの大パーティー』。



読み終わる前に、唇のはしっこにばら色の笑みをくっつけて月就寝。
もちろん上向いて、くかーっと。


さて、「天にだけだよ」と、読んでやる。
『いっぱいおっぱい』


「ママ、こういうのを僕のクラスで読んだらね、
きっと、みんながにこーとするよ。」

いつも選本に悩んでいるわたしを気遣っての発言なのである。
なんて、かわいいやつだ。

と、サービスでもう一冊。
『まてまてー!』



「ママ、

おもしろかった!

おもしろかった!!

おもしろかった!!!」

と3回繰り返して、にこーとしたまま、さっさと就寝。
横向いて、まるまったちいさな背中だ。

絵本と、子どもと、しあわせな時間。

わたしの唇の端っこにも、にっこり笑いがくっついてる。
| YUKI69 | おはなしおかあさん4 | 22:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
『だれもしらない』
灰谷 健次郎
あかね書房
¥ 1,470
(1981-01)
朝自習の時間の読み聞かせ。今日は天のクラス。
昨晩から、風邪引きかけてるんやろか。寒気がしてだるかった。一夜明けたら声が出ないかもしれないと思って、選本に、えらい時間がかかった。

今日は、朝起きたときからつば飲み込むにも喉が痛かった。
朝ごはん食べてるうちに喉の痛いのは治ったけど、今度は鼻水が出始めた。

いかん。いかん。こんなにテンション低いときにはしっとり読もうと思って、『だれもしらない』を読むことに決定。

教室に入ると、いつもよりも、ざわついた雰囲気だった。念のために、軽く読める話も持ってたんだけど、やはり、こっちが読みたいな、と思って、読み始める。

しかし、いかん。鼻が詰まってると、いつものように声が遠くに跳ばない。読み手に元気がないと、きっとすぐに子どもたちにバレちゃうんだよなあ。あちこちで私語が始まってしまう。

まあ、いいや。最低3人のこころには届けようと思って、ゆっくり読んだ。200メートル歩くのに40分かかるまりこちゃんの話は、全部読むのに、20分きっかりかかった。ていねいで、からっとした内容だ。

聞いてくれてたなら、ちゃんとまりこちゃんのことが、よくわかる。

5人くらいには届いたかな、と思う。



帰り道、読み聞かせのメンバーさんから、掘りたてのにんじんをいただく。彼女のお宅では一家で農業に取り組んでらっしゃるのだが、この、忙しい時期にも時間を割いて、読み聞かせにきてくださったのだった。

夜ごはんに、そのにんじんを生で二本食べた。あまくて、みずみずしくて、ぱりぱりで、うまかった。きっと、風邪も吹っ飛ぶはず。

| YUKI69 | おはなしおかあさん4 | 20:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
『ボヨンボヨンだいおうのおはなし』
朝自習の時間の読み聞かせ。今日は3年生。

教室の外でつかみ合いの喧嘩をしている男の子をとめて、教室に入り、また、教室の後方に集まってもらう。女の子が元気なクラスだった。


初めて行くクラスだったので、まずは、得意の『にんじんケーキ』から。

話の筋に関係なく笑いが止まらなくなっちゃう子がいて、それに文句を言う子がいて、かなりばらばらなスタートだったのだけど、やがては、クラスの全員がきっちりお話のなかに入ってきてくれた。



次に、ヘルメ ハイネの『ボヨンボヨンだいおうのおはなし』。
ボヨーン バヨーン、ボヨヨーン バヨヨーン。




まだ時間があったので、最後に『ねこのセーター』を。



「まったく だらしない ねこ」なのですが、共感を集めた様子。

「わたしも、すぐに泣いちゃうんだよね。」と、
笑いが止まらなくなってた子が、言ってた。

「うん。その気持ちは、よくわかるよ。」と
共感して退場。



それから定例会で、来年度のシフト決め。
気持ちよく決まって、また、みんなで、
旨い辛いラーメンを食べに行ったのだった。
| YUKI69 | おはなしおかあさん4 | 16:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
『にんじんケーキ』
評価:
ノニー・ホグローギアン
評論社
¥ 1,260
(1979-01)
朝自習の時間の読み聞かせ。今日は4年生。
初めて行くクラスだったので、大好きな『にんじんケーキ』を持っていった。

教室に入って、
「今日はちいさな本を読むから、みんな、うしろに集まって〜。」
と声をかける。

どこのクラスでも、まっさきに集まってくるのは元気なタイプの男の子たち。こういう子たちって、なにをするにも勢いがいいのね。

そして、読み始めたのだけど、反応がよくってよくって、大きな波が寄せてくるようにどどどっと笑ってくれるもので、ついつい、読んでるわたしまで笑っちゃった。それでまた、子どもたちも笑ってくれたのだけど、わたし的には、失敗だ。

おもしろい話は、飄々と読むのがいいの。

まあ、いいや、と気を取り直して、『うまかたやまんば』を読む。これもまた、子どもたちが、よく集中して聞いてくれた。



最後に、3月に行う学級レクの宣伝をちょこっとして終了。
ひさしぶりによく笑われて、ひじょうにスカッとしたのだった。
| YUKI69 | おはなしおかあさん4 | 16:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
『ジロジロ見ないで』
朝自習の時間の読み聞かせ。今日は5年生。

高学年には、何冊かの本を持っていって選んでもらうのだけど、今日は、
「あ、この本、読んだことある!」
という女の子がいた。

「どれ?」と聞くと、
「これ。」と言う。

「ふううん。せんぶ読んだの〜?すごいねえ。」
って感心していると、別の子どもたちが
「これを読んで欲しい!」と言い出した。

で、読んだことがあると言ってた子に、この本でいいかと確認してから、読み始めた。

ジロジロ見ないで―“普通の顔”を喪った9人の物語
ジロジロ見ないで―“普通の顔”を喪った9人の物語
高橋 聖人,茅島 奈緒深

1年生だか2年生だかのころ、顔のアザのせいでいじめられてた藤井さんが、いじめっ子に会わないで帰れるように、何通りもの帰り道を考えていた、というところを読んだときには、声が震えて泣きそうになったけれど、なんとかこらえた。

まえがきから始めて、写真も見せながら、できる限り、ゆっくり読んだので、24ページまでしか読めなかった。チャイムが鳴ったので、読むのをやめて、本から顔を上げると、しずまりかえった教室の中のそこここに涙顔の子どもがいた。

「こっから先、読みたいと思う人は、自分で読んでみてください。漢字には振り仮名がついてるからね。図書館で借りても読めるよ。

でね、おばちゃんは、ちょっとだけ、自分の話しをします。

おばちゃんはね、昔、顔がアトピーでさ、薬をいっぱい塗ってて、あちこち皮膚が溶けちゃってて、黄色い汁がいつも出てて、いつもかゆくて、かくと皮膚がまたぼろぼろとれて、自分でもイヤだったし、電車に乗るのとかも、イヤだったの。

顔は隠せないからさ。こんな顔のひとが隣に座ったらイヤかもなあ、と思ったりして、ドアのところで、外向いて立ってたの。

そんなにひどいアトピーだったのに、だんだん治っちゃったんだけどさ、治るまでに、苦しい思いもしたんだよ。で、今になってね、苦しい思いもしてよかったな、って思うことがあるの。苦しんでいるひとの気持ちを、もしも自分だったら、って、ほんの少しでも想像したり、できるからね。

みんなも、これから大きくなるまでに、いろんなコンプレックスを持つことがあるかもしれないけど、その苦しさは、ひとりで抱え込まないでね。みんなの周りには、話しを聞いてくれる友達や大人がいるってことを、覚えておいてください。

では、今日も、よく聴いてくれてありがとうございました。」
と頭を下げると、ぱちぱちと拍手をもらった。

教室から出ていくわたしを、子どもたちは、かっちりした笑顔で見送ってくれたのよ。
| YUKI69 | おはなしおかあさん4 | 17:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
『たいせつなきみ』
朝自習の時間の読み聞かせ。今日は天のクラス。何を読もうかと直前まで考えに考えて悩みに悩み過ぎてすっかり決まらないままに。

まずは5分で語る むかし話ワールドへようこそ!から、『山奥の大入道』を読んだ。

5分で語る むかし話ワールドへようこそ!

末吉 正子

そして、たいせつなきみを。

たいせつなきみ

セルジオ・マルティネス,ホーバード・豊子,マックス・ルケード

昨晩から、今日のメインはこの、『たいせつなきみ』に決めていたのだけど、こういう<いい話>を読むのに照れを感じて悩んでしまったのだったよ。笑われるならどれだけでも笑われたいし、気持ち悪い話も怖い話もどんどん読みたい。

だけど、<いい話>は苦手なんだ〜。
苦手なのだけど、わたしなりに、こころを込めて読んだ。


おまえがわたしの あいをしんじたなら
シールなんて どうでもよくなるんだよ。




…やはり、照れましたが。


子どもたちが、しいんと落ち着いて聞いてくれてよかった。

ただし、『山奥の大入道』とは、まったく何のつながりもないので、なぜ最初にあれを読んだのか、自分でもよくわからないんだけど、まあ、アレだ。


…照れ隠しだったのだな。

今度は、もうちょっとよく考えて組み合わせしよう。
| YUKI69 | おはなしおかあさん4 | 17:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
『ねこのセーター』
朝自習の時間の読み聞かせ活動日。今日は1年生。

昨日、何冊かの絵本を月を相手に下読みして、ねこのセーターがいいだろう、とふたりで決めた。

この本には、とちゅうで、「歌」の部分があるの。

あなのあいたセーターを着ているねこを、どんぐりたちがからかう、っていう歌。月と一緒に、いろんなふうに歌ってみてね。こんなふうに歌うのがいいだろう、ってことまで決まったの。

で、それは冬休み前に借りてた本だったし、ちょうど時間があったものだから、それから図書館に行って、もう一回借りる手続きをしたらさ〜。他のひとからの予約が入ってるので、ってことで、再度は借りられなくて、がくり。

ねこのセーター
ねこのセーター
おいかわ けんじ,たけうち まゆこ

「次に月のクラスに行くときに、ぜったい借りるね。」と約束して、

今日は学校の図書室から持ってきたあらまっ!でスタート。読み終わったとたんに「もう一回読んで!!」と、ねだられるくらい盛り上がった。

次には、もっと おおきな たいほうをを読み、コッケモーモー!を読み、場があたたまったところで、

「さあて、次はとっておきの、絵のない本を読みますよ。昔話ですよ。」と言ってから、5分で語る むかし話ワールドへようこそ!を取り出す。

「え〜〜〜、やだ〜〜。」
と、前列の男の子たちの反応。
「まあ、ちょっと、聞いてみてよ。」となだめて、

『ピョントコショ』をゆっくり読んだ。途中で「あ、知ってる〜。」って声も出てたけど、全体的に大笑いばかりで終了。

「やだ〜〜」って言ってた子は、見るからに大人の本みたいな5分で語る むかし話ワールドへようこそ!を全部読むんだと勘違いして、そりゃあ、やだよ、と思ったんだって。

「もう読まないの?終わりなの?」って残念そうにしてた。



あらまっ!
エイドリアン ジョンソン,ケイト ラム

コッケモーモー!
アリソン バートレット,ジュリエット ダラス=コンテ

5分で語る むかし話ワールドへようこそ!
末吉 正子

そうそう、今朝は、おはなしメンバーへの新規加入をお誘いしているおかあさんも見学ということで同行していただいて、いっしょにたのしめてよかった。加入してくれるといいなあ。まだまだ、もっともっと、メンバーが増やせるといいなあ。


| YUKI69 | おはなしおかあさん4 | 14:55 | comments(2) | trackbacks(0) |
 1/2PAGES >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
+RECOMMEND
+RECOMMEND
ブレイブ
ブレイブ (JUGEMレビュー »)
ジョニー・デップ
+RECOMMEND
+RECOMMEND
妹の恋人
妹の恋人 (JUGEMレビュー »)
ジョニー・デップ
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
ラチとらいおん
ラチとらいおん (JUGEMレビュー »)
マレーク・ベロニカ とくなが やすもと
+RECOMMEND
「いのちのつながり」を
「いのちのつながり」を、子どもたちに残すために。「六ヶ所再処理工場」の本格稼動中止を求めます。パルシステム
ONE MAN TRY
テープカッターONE MAN TRY
ONE MAN FLOAT
PROPAGANDA(プロパガンダ) ONE MAN FLOAT バスプラグ クールグレー
ONE MAN SHY
スタンドライトONE MAN SHY
ONE MAN KEY
Propaganda (プロパガンダ) mr.p - ONE MAN KEY (キーホルダー) ホワイト
モバイル
qrcode
OTHERS
このページの先頭へ